富山で交通事故の弁護士相談なら深水法律事務所

交通事故の損害賠償額の精査,事故態様の認定,保険適用範囲の判定,証拠資料の収集その他あらゆる交通事故相談に応じます。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
犯罪被害者週間

今月25日から犯罪被害者週間です。

富山弁護士会でも被害者週間を期して26日に犯罪被害者法律相談を実施します。

ぜひご活用ください。

 

債務整理過払い金相談室

交通事故相談室

相続遺言相談室

- | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
事前認定

後遺障害等級の事前認定で自賠責への直接請求を求められることがあります。

事前認定でも変わらないのですが、なかなか理解してもらえない場合があります。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

交通事故相談

- | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
自賠責の過失割合認定

自賠責による過失割合認定は、裁判所の認定よりやや被害者に甘いように思われます。

被害者救済のため、100対0の交通事故を95対5として5割の賠償金を払う場合も散見されます。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

相続遺言相談室

- | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
労災と年金での充当の差異

交通事故の賠償金に充当する計算方法は、年金と労災で異なります。

支給金の性質が異なることが理由のようです。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

相続遺言相談室

- | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
充当方法

過失相殺と既受領給付の充当方法との関係は、大変頭を悩まされます。

判例も労災・年金・健康保険等で結論が異なる上、同一給付であっても一枚岩ではないので大変です。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

交通事故相談

 

- | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
自賠責と労災

労災給付がある場合、自賠責給付は、国の求償権よりも被害者の損害賠償に優先的に充当されるという最高裁判決が出ました。

従来の実務を覆す判決であり、交通事故被害者には朗報です。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

相続遺言相談室

 

 

- | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
弁護士費用特約

交通事故弁護士費用特約では、当初提示額又は自賠責支給額は訴額に含まれません。

しかし、弁護士の努力で後遺障害認定を受けた場合などは、控除しないような配慮が欲しいと思います。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

相続遺言相談室

 

 

- | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
対物無制限

交通事故対人保険は現在では無制限が常識となっていますが、対物はそうでもありません。

時折高額物損事故に遭遇すると対人対物を問わず、無制限にしておくべきであると痛感させられます。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

相続遺言相談室

 

- | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
自賠責と過失相殺

自賠責では、7割以上の過失がないと過失相殺されません。

10割過失案件においても、被害者救済のため、5割の保険金を支給している案件も散見されます。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

交通事故相談

- | 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
慰謝料額

高齢者の場合、交通事故の死亡慰謝料は抑えられる傾向があります。

逸失利益はさておき慰謝料には、本来差異はないはずです。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

相続遺言相談室

 

- | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.